HTMLのテンプレート化

MulCMS マニュアル

HTMLのテンプレート化について

一つのHTMLで複数のページもしくはサイトを構築する場合は、MulCMSのマークアップを使ってHTMLを予めテンプレート化しておくことで、 データーレンダリング 作業を省略することができます。

MulCMSのHTMLマークアップ

マークアップ 指定する値
data-res-id 任意の文字列(英数字, 記号)
data-rendering text: 改行不可文字列
long_text: 改行可能文字列
[attr]: 任意の属性名を指定(class, style, src...)
data-edit テキストを 画面で直接修正機能 を利用するかどうかを指定
指定あり: 利用可能
※ data-renderingが text もしくは long_text になっているタグで利用可能

マークアップの記述例

例1: pタグ内のテキスト[highlight text]を自動レンダリング

<p style="font-size:14px" data-res-id="highlight-1" data-rendering="text">highlight text</p>

例2: pタグ内のテキスト[highlight text]を改行可能なリソースとして自動レンダリングし、さらに画面で直接修正 できるようにする

<p style="font-size:14px" data-res-id="highlight-2" data-rendering="long_text" data-edit>
    highlight text<br>new line
</p>

例3: pタグ内のテキスト[highlight text] と style属性を自動レンダリング

<p style="font-size:14px" data-res-id="highlight-3" data-rendering="text,style">
    highlight text
</p>